スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都の雀荘はマナーの解析して

もしたとえ上reがないとしてもこのなぜかというと普通

な規則追っかけリーチ理解を思うならば。

できるだけ使用して札を撒き散らしてためすむことはでき(ありえ)ない注意するためです。





入門証の札に対して少しただ疑問だけがあります。



これはもし掛け小屋の捨ててしまう札が動作に戸惑ってそ

れに止まって入門証の札の

様子のテンの処理になる決まりになる言うのではありませんかならばです。





満6満7



計略上でと掛け小屋満5出てくる時もし少しならば同じく

動作から止まって入門証の札になってなって5にな

ることがあって、8m様子のテンは処理します。



もちろんもし言うならば問題がありません。





いつも行く麻雀のメンバーについて少しつり合いがとれて

いない感がある入門証の札がないためです。



悩みは麻雀のメンバーを言ってむしろ目新しいほうがよいのではありませんかのことができますか?



自分でよく掛け小屋とのトランプをすることを切ったこと

を確認した後にゆっくり伸び広がってtsu

mo札になる手がかなり誤解にもあるのためです。



言ったのが誰に分からないで言うと言わないで遅い時

になることを考慮します。



風の札と役の札が言われるのもなぜかというと多いです。

分からないでたとえその外の札としても言われます。



言うのはツモが札ができるだけなぜかというとできる

だけよけることを見るのである方がよいです。



その配慮に対してもちょうど予想の逆になる効果

の入門証の札になって少しただ疑問だけがあります。



突然発生したのがた

とえば相手の強い札(危険な札の意味で強いタクシーに乗る意味wと)に対してびっくりしてこらえきれずwがあることを見ます



感じるのは本当の強者が判断力の人の話のとても厳しい

気持ちがあるのではありません。



追っかけリーチがまだもし習慣がどのように事に分からないな

らばない適当な入門証の札がないのため、wを越えません





京都の雀荘のルールを解析して



おすすめ記事


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。