スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都の雀荘の勝ち方をあるの?

本当に評価(子供)奴です。



今日結局決勝進出メンバーが決めました。



牌橋(牌橋)伸ヒロシ(洋)(最高位前日本プロ 麻雀協会)第15期麻雀 マスターズ準優勝



ダンプ大橋(日本プロ 麻雀連盟)第34期王位



野馬この(山井)ヒロシ(弘)(日本プロ 麻雀連盟)第34期王位第3位



吉田(吉田)光フトシ(太)(日本プロ 麻雀協会)第7回ノグチ(野口)賞受賞



牌橋プロは全体的に安定をした麻雀を打っていたと考えます。



ポイントを持つ状態でも自身の麻雀を曲げないで終始場所をリードしていた印象(引き上げ、人相)です。



ダンプ プロは日本プロ 麻雀連盟所属らしく手駅を常に目的



今後出て行くことだとコではないものと区別が聞いていてその部分が承認だと感じました。



野馬この(山井)番組は全般(前半)、上がっても納付がたくさん苦戦を強要されていました。



しかし4暗組閣も【聴牌】り、後半徐々に状態が良くなってきました。



吉田(吉田)番組は見ていたことだけとしては、ミスもあってこのようなポイント持っていたの? ってマラドロクチないで



驚きました。



藤崎(藤崎)番組が展開に充足しなかったことだと、滝沢(瀧沢)・サイトウ(斎藤)・佐佐木プロが勢いを乗ることはできない展開で



藤崎(藤崎)番組より少し恩恵を受けていた印象(引き上げ、人相)です。



振り返ってみれば藤崎(藤崎)番組の側が印象(引き上げ、人相)としては上位に付けていた印象(引き上げ、人相)です。



上記の4人で2回転(回戦)決勝が始まります。



予想としては、終始安定していた牌橋プロ



後半終わり版に渇水録で状態を上げていて攻撃的麻雀を打つ野馬この(山井)番組



野馬この(山井)-牌橋ことで予想をします。



契約している方はぜひ見てあげて下さい。



私は名人戦も楽しみです!! !!



雀荘へ違法性は?どうなの?



おすすめ記事


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。